キムチのパワーについて | 崔(チェ)さんのキムチは、韓国料理研究家崔誠恩によって厳選された食材と健康をキーワードにご提供している販売店です。

TOP PAGEキムチあれこれキムチのパワーについて

キムチがなぜ健康にいいのか?その答えは・・・。

キムチがなぜ健康にいいのか?

キムチがなぜ健康にいいかという質問での答えは、まず発酵食品であることや使われている素材にあるといえます。

発酵とは、特定の食品と微生物、酵素などが結びつき、健康に有益な化学物質を作り出すこと。
ちなみに同じようなプロセスを経て、有害な物質が作り出された場合は「腐敗」と呼ばれます。

また発酵は、特有の「旨み」の素でもあります。キムチの発酵によって、劇的に増えるのが乳酸菌。
生きたまま腸にとどく「ラクトバチルス」という乳酸菌が豊富で、腸の働きの活性化、有害菌の繁殖抑制、免疫力の強化などに有効です。

なお、日本製のキムチは発酵させていない“浅漬けタイプ”も多いので、栄養という観点から見ると日本産のキムチを韓国産キムチに比較するのは議論として成り立たないわけです。

また、主材料である各種野菜にもたくさんの栄養成分があるのですがキムチに使われるすべての材料がそれぞれ他の機能を持った薬用植物に属するものなどであって乳酸菌が醗酵中に活性物質を作り出して複合的な機能を持ちます。

このような機能性物質たちは、現代人の肉類と穀物を主とする食生活において不足しがちな各種兔疫機能を直接または間接的に活性化する手助けになっているし乳酸醗酵野菜として消化促進と大膓癌,動脈硬化,貧血等を予防するなど成人病の予防機能があることと知られていて、今国内外の多くの栄養学者たちはキムチを未来の食品として指折り数えています。

白菜

白菜には食物繊維が含まれており、整腸作用をし、便秘予防にも効果を発揮します。
そして腸内環境の改善したり腸内の有害物質の排出促進させたりするのです。

唐辛子

キムチの辛口は唐辛子のカプサイシン(capsicine)という成分からなのですが、カプサイシンは新陳代謝作用を活発にさせて脂肪を焼いて無くすから体内に脂肪が
蓄積されることを阻んでくれます。
またカプサイシンは食慾を促進したりし、また唐辛子には相当量のビタミンがAとCが多い為AとCの含有量も多いため、抗酸化作用を通じて老化を抑制します。

にんにく

豊富なビタミンB1と、その吸収を促進する「アリシン」という成分が含まれており、血中コレステロールの低下、疲労回復、殺菌作用、血栓予防、抗がん効果も 認められています。このほかにんにくには、新陳代謝を高め、血行をよくする「スコルジニン」、抗酸化作用のある「ジアリジスルフィド」など、注目の成分が いっぱいあるのです。

生姜

すぐれた抗酸化作用のほか、健胃、解熱、保温、抗菌作用のある 「ショウガチオール」、体脂肪の燃焼を促進し、血行をよくする「ジンゲロール」 が入っています。

魚介類

キムチにはイワシエキス、アミエビの塩辛、イカ塩辛、昆布エキスなど多くの魚介類が一緒に 漬け込まれているため高たんぱく質を始め、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをはじめ多くの栄養素が 入っています。

冬の味覚の限定生産キムチ販売中