キムパッ(韓国海苔巻き)レシピ | 崔(チェ)さんのキムチは、韓国料理研究家崔誠恩によって厳選された食材と健康をキーワードにご提供している販売店です。

TOP PAGEとっておき韓国料理レシピキムパッ(韓国海苔巻き)レシピ

キムパッ(韓国海苔巻き)レシピ

酸っぱくなったキムチを入れると、さっぱりした風味に仕上がります。

キムパッ(韓国海苔巻き)材料 2人分

キムチ(千切り) 90g
牛ひき肉 50g
ご飯 300g
しょうゆ 小さじ2
合わせ酢 大さじ2
みりん 大さじ1
ごま油 大さじ1
のり 2枚
ほうれん草 60g
煎りゴマ 少々
塩 少々
錦糸たまご 少々

キムパッ(韓国海苔巻き)の作り方

①ご飯にあわせ酢を回しかけて、切るように混ぜる。
②フライパンにごま油を熱し、キムチを3分ほど炒める。
③ほうれん草は塩茹でし、冷たい水で洗って水分を絞る。
④錦糸たまごは10cm幅に切る。
⑤ひき肉は、しょうゆ、みりん、ごま油を入れてフライパンで炒める。
⑥まきすに海苔の表面を下にして置き、2等分した(1)をのせ、真ん中に(2)、(3)、(4)、(5)の各1/2の量をのせる。
⑦手で押さえながら、具が中央になるように巻いていき、形を整える。
⑧1.5cmの厚さに切り、切った面に炒り胡麻を振り掛ける。同じ容量でもう1本作る。

ポイント

ポイントは、②番の「キムチを炒めること」。

こうすることで、アミノカルボニル反応という糖分(砂糖やデンプンなど)とアミノ酸(塩辛が分解されてできる)が、炒められることで反応してくっつき、香りやおいしさをたかめる反応が起こるのです。

海苔巻きには、酸っぱくなったキムチを入れると、さっぱりした風味に仕上がります。キムチを気持ち多めに入れれば、キムチの赤色で見た目もきれいに仕上がります。


当店の人気 韓国キムチ・韓国料理

プレミアキムチ「極味」

プレミアムキムチ「極味」

韓国料理研究家 崔誠恩が10年をかけた集大成、その集大成のキムチを更なる高級な原料を使い、プレミアム商品として限定生産をしたもの。

プレミアキムチ「極味」の詳細へ

プレミアムサムゲタン(参鶏湯)

プレミアムサムゲタン

手間がかかるため1日30食限定生産の「サムゲタン」。丸鶏を一匹一匹丁寧に血抜きを行うことでとても澄んだスープに仕上がります。高麗人参5年根入。

プレミアムサムゲタン(参鶏湯)詳細へ

崔さんのヤンニョムこれ一本

崔さんのヤンニョムこれ一本

これ1本で、本格的な「韓国の味」。どんな素材、料理にでも合わせやすいように、「辛味」「甘味」「旨味」のバランスにこだわりました。

崔さんのヤンニョムこれ一本の詳細へ

オイ水キムチ(胡瓜)

オイ水キムチ(胡瓜)

胡瓜のさっぱり感を最大限に生かしたキムチ。
アミ塩辛作った漬け汁は夏向きのすっきり味。冷麺の隠し味にも。

オイ水キムチ(胡瓜)の詳細へ

ヨルムキムチ(若大根の葉)

ヨルムキムチ(若大根の葉)

ヨルムとは韓国語で若大根のこと。
涼を感じさせてくれる若大根の葉のシャキシャキした食感がお薦めの韓国の夏の伝統キムチ。

ヨルムキムチ(若大根の葉)の詳細へ

ナバクキムチ(大根と白菜)

ナバクキムチ(大根と白菜)

大根と白菜の水キムチで食欲がない時や二日酔い、汗をかいた後などに最高のキムチです。冷製野菜スープ感覚のあっさり味。

ナバクキムチ(大根と白菜)の詳細へ



冬の味覚の限定生産キムチ販売中